株式の銘柄を絞り込むには、スクリーニングが便利。

株式投資で銘柄を絞り込むには、スクリーニング機能が便利です。

スクリーニングとは、「ふるいにかける」という意味です。

スクリーニングで、ある集団の中から、特定のものを選別、選び出せるわけです。

日本の株式市場だけでも、なんと3,800社以上の会社が上場しています。

新規に上場する会社もあれば、上場廃止になる会社もあります。

毎年、会社が入れ替わっています。

上場している会社の株式は、証券会社を通じて、株式市場で売買できます。

でも、こんなに多くの会社の中から、投資する株式を選ぶのは大変ですよね。

選ぶには、何か基準が必要です。

そんな時に便利なのが、スクリーニング機能なのです。

今では、ほとんどのネット証券で、スクリーニングの機能を提供しています。

スクリーニング機能は、証券会社によって名称が異なりますが、

基本的な使い方は一緒です。

PERやPBR、投資金額など、いろんな条件を入力して抽出を行うと、

それに一致する銘柄を、一覧で表示してくれます。

あとは1社ずつ詳しい情報を調べて、投資する会社を決めます。

そうすることで、闇雲に株式会社を探すより、

はるかに効率的に絞り込むことができます。

スクリーニング機能は、証券会社により個性があるので、使い心地は様々です。

あなたが使いやす物を探すと良いと思います。

ちなみに私は、GMOクリック証券や、楽天証券のスクリーニング機能が好きです。






株式投資 初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。